◆〒793-0030 愛媛県西条市大町687-9 西条ロータリークラブ


       会長あいさつ
        
2015-16西条ロータリークラブ会長

会  長  西  山  多  一

   

西条ロータリークラブ会長活動方針
 

 ラビンドラン会長のテーマは「Be a gift to the world」(「世界へのプレゼントになろう」)です。ラビンドラン会長は、「地位や身の上にかかわらず、才能、知識、能力、努力、そして献身と熱意、など誰でも与えることのできる何かを持っている。それをロータリーを通じて、これらを世界にプレゼントすることで、誰かの人生に、そして世界に、真の変化を起こせるはずだ」といっておられます。
 山田戒乗ガバナーの地区方針は「“心あたたまる、お接待をしよう”」とされました。ガバナーは「ロータリーの原点に返って」ということを強調され「シェルドンの森」の輪読会などの方法で各クラブで勉強するようにすすめられています。会員増強についても10%増を目標とするとおっしゃっています。

 当クラブの直面している問題点は、会計のひっ迫及び会員数の減少だと思っています。この二つの問題点は「会員増強がうまくいっていないこと」という共通の原因に基づくものと思います。
 会員増強の目標をガバナーの言う10%増はかなり高いハードルであると思っていますが、長期的な目標としては「60周年の年度(2021年―22年度)には少なくとも会員数30名」とすることにしたいと思います。
 西条クラブは、親睦関係では十分とは言えないかもしれませんがうまくいっていると思います。なお一層、日帰り旅行や一泊旅行など、会員の奥様やお子さんを巻き込んだ親睦活動に力を入れてもらいたいと思います。  
 奉仕関係に少し物足りなさを覚えます。以前は、河川の清掃作業であるとか交通茶屋などの対社会・対市民に見える奉仕活動を行っていたようにベテラン会員のお話や周年史の記事から思います。奉仕プロジェクト委員会の委員の方々には、何か市民にロータリーをアピールできる奉仕活動を考えていただきたいと思っています。そのような活動がクラブの広報となり最終的には会員増強につながるものと考えています。

 今年度のクラブの方針としては、「楽しい例会とクラブライフ」「市民にアピールできる奉仕活動」と考えています。
 クラブ設立当時を除けばこれまでで最も経験の浅い会長(2003年7月入会)と幹事(2010年11月入会)ですので、会員皆様のご協力、ご鞭撻をお願いします。

 
 

●2014-2015年度 会長あいさつへ

〒793-0030 愛媛県西条市大町687-9  西条ロータリークラブ
Copyright (C)RI2670 SAIJO-Rotary-Club All Rights Reserved.