◆〒793-0030 愛媛県西条市大町687-9 西条ロータリークラブ


       会長あいさつ
        
2017-18西条ロータリー会長

会  長  矢 野 公 俊

   

西条ロータリークラブ会長活動方針
 

 2017−2018国際ロータリー会長ライズリー氏は、会長テーマを「ロータリー:変化をもたらす」と提唱し環境の悪化と世界的な気候変動は全人類への脅威であると、ライズリー氏は述べます。「影響を最も受けやすいのは弱い立場にある人たちであり、そのような人たちこそ、ロータリーが助けていく必要があるのです。それにもかかわらず、環境問題がロータリーで議題に上がることはほとんどありません」7月1日の新年度開始から2018年4月22日の「アースデイ」までの期間に、各クラブで会員数と同じ数の植樹をするよう呼びかけました。木を植えることで、空気中から二酸化炭素やそのほかの温室化ガスを除去し、地球温暖化のスピードを和らげる効果があります。さらにロータリーにおける女性会員の割合は、10年前の13パーセントよりは増えたものの、現在も全体の22パーセントにすぎません。このペースだとロータリーが男女均等を実現するまでにあと30年かかると、539名の次期ガバナーのうち103名が女性であることに触れた上で、ライズリー会長は「地域社会のすべての人とつながり、すべての人を代表し、支援するためにリーダーシップを発揮できる」女性をロータリーが必要としていると述べました。さらに、現会員のうち40歳未満はわずか5%であり、会員の大半が60歳以上であることにも触れ、若い世代の入会と参加を促す方法をクラブが模索する重要性を訴えました。

 このように国際ロータリーの抱える問題は西条ロータリークラブの問題と一致しています。会員数の減少、高齢化、女性会員問題と通常のロータリー活動を行う上でも支障をきたし問題となっています、そこで私は本年度掲げる目標として会員増強のみとさせていただきます。その他の事業に関しては例年通り粛々と消化させていただき無事1年を乗り切っていきたいと思います。

スローガン
数こそ力、力を合わせ会員増強あるのみ!天下分け目の年は今年にあり

 
 

●2016-2017年度 会長あいさつへ

〒793-0030 愛媛県西条市大町687-9  西条ロータリークラブ
Copyright (C)RI2670 SAIJO-Rotary-Club All Rights Reserved.